So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アントニオ・サンチェス東京公演 [音楽]

[るんるん]一昨日、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のサウンドトラックでアカデミー賞を受賞した,ドラマー、アントニオ・サンチェスの東京公演最終日、最終ステージを聞きに丸の内のジャズクラブ「コットンクラブ]に行ってきてました。http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/antonio-sanchez/
昨日から、また、母が介護施設から帰宅してるのでしばらくお世話で外出できないので、レッスン仕事の帰りでちょっと疲れていたけど、公演最終日だったし予定変更して行ってきてよかった! 満席でギリギリだったけど、ラッキーにいい席を得られて坐ったら、周りはミュージシャンやどこかの大学のジャズ研連中ばかりだった。 やはり、ミュージシャンが聞きに行きたくなる演奏なのかも!
[るんるん]アントニオが作曲した組曲のような1曲を1時間30分にわたってえんえんと演奏、リズムと音の洪水、ときにアバンギャルド的な領域までいく! その間ドラムはずっと叩きぱなしでで凄いスタミナ! メンバー全員が、それぞれ自己のバンドリーダーという凄腕ばかりで、アントニオのドラミングに反応してそれぞれソロを展開していくファンタスティックな世界! 奥様のボーカルも、歌というより楽器的ボイスで絡んで行く。。NYでは、いろんな音楽、ジャズが聞けるけど、これは、NYでしか聞けないジャズの世界だ! とても刺激的で、1時間半もぶっ続けであれだけの演奏したら、消耗しきるだろう。。さずがアンコールの演奏はなかった。 メンバーの目はギラギラしていてLSDでもやっているよう。(ゴメンナサイ)行くとき、たまたま、開演30分前なのに3Fの寿司屋のまえのベンチの上にベーシストが寝転んでいたのを目にした(笑)
[るんるん]アントニオ・サンチェスはアメリカの音大の同窓生で同期で、私もクラスを取っていたラテンアンサンブルにもよく遊びにきてたり、一緒に演っていたプエルトリコ人のベーシストやベネズエラのピアニストと仲良かったのでよくいきあったりしましたが、当時からプレイも人柄も飛び抜けていました。 でも、ドラマーがリーダーのバンドって面白い[指でOK][指でOK][指でOK]

    アントニオ・S-2017.jpg


共通テーマ:音楽